11.7.2019

 昨日は「登り窯風穴窯」の窯出しを行いました。

窯焚きを終了してから10日間経過し内部の温度もようやく30度代まで下がりました。

窯開けは何時も期待と不安が入り混じった気分で始まります。

応援スタッフの中には初めて窯の中を見る方もいましたが感動の瞬間です。

今回は「窯の焚き方」の一部を変更したので焼き上がりに少し不安もありましたが結果は

ほゞ期待どうりになり安心しました。

薪材の調達から窯焚...

11.1.2019

 当窯では通算6回目となる「登り窯風穴窯」焼成を10月23日から29日迄6昼夜、延べ145時間、実施しました。

薪を使う窯焚きは電気や、ガス、灯油窯等とは違い多々難しい点があります。

外気の気温、薪の状況、焼成生地の土の種類等が温度管理や仕上がりに大いに影響します。

又、窯詰めでは作品により位置取りを勘案する必要があります。

何回焚いても反省点が残っています。

今回も多くの応援スタッフの手...

9.24.2019

 9月21.22.23日は魚沼市大湯温泉で開催されたクラフトフェアに出店しました。
初めての参加でしたが昔から名高い名湯に入ることも出来て感激でした。
折から台風17号の影響で最終日は昼で中止となりました。
その後は当地方でも暴風が吹き荒れましたが遠方からの出店者の皆さんは無事帰宅出来たでしょうか。

7.21.2019

 従来は山から採取した粘土を撹拌して溶解するにはハンドミキサーを使用していました。
この方法では手を放すことが出来ません。
今回導入したミキサーを使用すると他の作業をしながら監視していれば良いことになりました。
粘土の溶け具合も上々でこれからが楽しみです。
機械自体は「かの国」製ですが順調に稼働してくれています。
「柏崎の陶芸用粘土」を頑張って作ります。

5.20.2019

 穴窯窯場への進入路は昨年秋に業者に改良工事をしてもらいましたが、

今回は用水路側の土留め対策をしました。

間伐材の杉丸太を利用しています。

今回からは助っ人が増えて3人での作業でした。

完了後に早速軽トラによる登坂試験をしてもらいましたがOKでした。

これで秋の窯焚き時の薪搬入が楽になります。

5.17.2019

 今日は地区公民館の講座で長野県佐久穂町の「白駒の池」トレッキングに参加しました。
標高2100mを超える現地にはまだ多くの残雪があり、歩行も大変でした。湖面はまだ雪に覆われています。
気温も一桁台で薄着の方は大変です。
有名な苔の景色は素晴らしいものでした。

普段の作陶作業の息抜きには最高の一日になりました。

3.23.2019

 鮮やかなルリ釉のお皿が完成しました。

4月に金沢の方で開店するレストランに納められる商品です。

このお皿にどんな料理が盛り付けられるのでしょうか。

想像しながら楽しんでいます。

1.25.2019

 当窯で制作して都内のホテル向けに納められた器。
ご利用頂いている写真を提供して頂きました。
何れも素晴らしい料理に引き立てられて感動しています。

1.24.2019

 当窯で制作したお皿を使用した画像が月刊誌「Komachi」に掲載されました。
料理のお蔭でお皿も引き立てられています。

1.13.2019

 今日も比較的温かく感じて冬とは思われないような陽気です。
ビオトープ背面に自生していた朴ノ木を伐採しました。
この木は葉っぱも大きくて落ち葉がビオトープに降り注ぐ為、伐採することにしました。
根元直径は30㎝以上もあり危険も伴う為、実兄と二人作業です。
ビオトープ上に倒れない様クサビを使っての難作業でしたが幸い目標角度に倒すことが出来ました。
拍手喝采です。
玉切りした一部は木...

Please reload

最新記事

穴窯の窯出し

7/11/2019

1/10
Please reload

タグ 検索